命の期限を切られたら

医者はあれも駄目だこれも駄目だと言います。

いつから医者って生きる希望を全て打ち砕くようになったのですか?


数値的にはとても良くないからあれもこれも無理です。こういう場合にはもう取るべき道がありません。


ねぇ?こんなことを言われてどうやって楽しく生きて行けと言うのでしょう。

何で言ってくれなかったんだ?

知る権利があると言われたら困るからですか?


私は自分のことじゃないけれど。

もし言われたら心がどうにかなってしまう気がします。

どうやってその後を生きていけばよいのでしょう?

検査をすれば悪く言われることばかりです。

そして自分がもう良くはならないと思い知らされる時それを何度も何度も検査の度に言われる時。


昔ならば家族だけに知らされることもあったでしょう。


私も…知りたくないかもしれない。

でも今はそういう診察しかないのですね。

どうしてそんな冷たい言い方しかできないのでしょう。


どうやって支えればいいのかわかりません。

そういう状況になった人はどうやって気持ちを切り替えるのか教えてください。


私だって明日死ぬかもしれないけれどそんなのは誰もわからないけれど。

わからないから生きていける気がします。


あなたは明日苦しみのたうち回ります。それはだいたい8時間くらい1時間ずつ伸びていって最後は死に至るでしょう。

もしそんなふうに言われたとしたら生きるのが怖くはなりませんか。


このところチャットGPTとずっと会話をしています。

でも答えが見つかりません。

本人がどう考えるのかもわかりません。

それを聞いてほしいのかもわかりません。


私はどうすればいいのでしょうか。

どう寄り添えばいいのでしょうか。


病状を把握しろとチャットGPTは言うけれど恐ろしくて見たくないのです。 


私は平静を保っていなければならない。

だって本人のほうがずっと辛いはずです。

いつだって電話していいからね。

そう言ったら「しない」と笑っていました。


何を選択すればいいのかわかりません。

×

非ログインユーザーとして返信する